他の言語を選択

キリンホールディングス株式会社

TYO:2503 ISIN:JP3258000003

キリンホールディングス株式会社 (TYO:2503) はアルコール飲料・清涼飲料の製造・販売に携わっている。

  

ニュース

アジア市場レポート:2010年3月5日

🕔3/5/2010 1:30:53 PM 12892

金曜日のアジアの株式はウォール街からのプラス先導を受けた。予想よりも良い内容の小売売上データや優良企業群に対するアナリストたちの格上げに支えられ、昨夜の米国の株式は若干の上昇を記録した。中国の引締め政策に対する新たな不安を受け、昨日のアジア市場は大半が値を下げて取引を終えた。中国の銀行株・不動産株が大幅に値を下げ、香港のハンセン指数は1.4%下落、上海総合は2.4%下落した。シンガポール市場も中国の不動産バブルへの不安から影響を受け、ストレイトタイムズは0.5%下落となった。輸出業者が円高により打撃を受け、日本の日経225は1.1%下落した。

記事全文を読む

アジア市場レポート:2月9日

🕔2/9/2010 1:30:26 PM 11875

ギリシャ・スペイン・ポルトガルでの国債問題の不確実性を受け、昨日のアジア株式は大半が下落した。日本の日経平均は1.1%下落し、終値は2ヶ月間での最低水準となった。韓国の Kospi は0.9%下落、香港のハンセン指数は0.6%下落となった。しかし、シンガポールのストレイトタイムズ指数は0.4%上昇した。

記事全文を読む

アジア市場レポート:1月25日

🕔1/25/2010 1:30:24 PM 14907

銀行のリスクテイクを制限するという米国政府の計画に対する懸念が続き、金曜日の米国株式は大幅下落し3日連続での下落となった。 Google の落胆的な収益もテクノロジー株に打撃を与えた。週間では、ダウは4.1%減、 S&P 500 は3.9%減、ナスダックは3.6%減となった。

記事全文を読む

アジア市場レポート:12月18日

🕔12/18/2009 1:30:36 PM 17400

ギリシャ債務に対する1ヶ月で2度目の格下げや Citigroup の資金調達を受けて、昨夜のウォール街株式は大幅下落となった。投資家たちがリスク性の高い資産を削減したことから、米ドルは反発した。他の一連の主要通貨に対する価値を測る米ドル指数は、3ヶ月超の間での最高水準へと上昇した。

記事全文を読む

アジア市場レポート:12月4日

🕔12/4/2009 4:01:25 PM 17559

アジア各国の株式市場の多くは金曜日、米雇用統計を控えて利食い売りが広がったことから値を下げた。

記事全文を読む

アジア市場レポート:11月25日

🕔11/25/2009 5:13:17 PM 12205

水曜日のアジア各国株式市場は、ウォールストリートの不調を受けて混乱した。東京株式市場は低値から取引を開始した後、明るい兆しを示した貿易数値や安値買いなどから反発した。香港株式ならびに韓国株式は、前四半期の米国経済が事前予測を下回る回復ぶりを示したことから値を下げた。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 9月17日:好調なウォール街

🕔9/17/2009 1:00:07 PM 14901

最悪の時期は過ぎたという前向きな心理から高リスク資産に対する投資家たちの積極性が増したことにより、昨夜のウォール街は堅調な上昇を記録した。金融株の買いや米国の工業生産データにおける大幅上昇により、株式は押し上げられた。

記事全文を読む

アサヒビール(TYO:2502)、Orangina買収にむけてサントリーと競合せず

🕔9/11/2009 4:11:09 PM 17895

日本のアサヒビール(TYO:2502)は、欧州飲料メーカーOranginaの買収をめぐりサントリーホールディングスと競合しているという報道を否定した。

記事全文を読む

San Miguel(PSE:SMC)、キリン(TYO:2503)への資産売却により大幅な収益増

🕔9/2/2009 4:20:37 PM 15530

フィリピン食品飲料大手San Miguel Corp(PSE:SMC)は、同社の第二四半期の純利益が前年比6倍に上昇したと発表した。これは主に日本飲料メーカー、キリンホールディングス(TYO:2503)への資産売却によるものである。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 8月7日:米国の雇用データに対する懸念

🕔8/7/2009 1:00:23 PM 15022

金曜日に発表される予定の主要な雇用データに対し投資家たちが不安を抱いたことから、木曜日の米国株式は2日連続で下落した。同データにおいて失業率が26年間での最高値となった6月の9.5%から上昇し9.6%になるものと経済専門家の多くは予測している。

記事全文を読む
###

164,802 会社概要の閲覧回数

  • 日本語ページ閲覧回数: (過去7日間: 91) (過去30日間: 278) (発行以降: 25024) 

社内データ

ソーシャルメディア