他の言語を選択 1922 478 312 
レイクがカレン・グリーン氏を上級副社長に任命し、投資家関係をリード
レイクがカレン・グリーン氏を上級副社長に任命し、投資家関係をリード

Sydney, 2022年11月7日, AEST (ABN Newswire) - Lake Resources NL (ASX:LKE) (LK1:FRA) (LLKKF:OTCMKTS) は、Karen Greene を Lake Resources の投資家向けリレーションのリーダーに任命したことを発表できることを嬉しく思う。これは、湖資源管理チームの経験を強化および拡大し、長期的なビジネスを構築するための重要な任命です。

- 投資家向け広報プログラムの構築と実施、投資家層の対象化と変革に成功。

- 資本市場での豊富な経験。

- 戦略的なマーケティングおよびコミュニケーション キャンペーンにおける確かな実績。

- ビジネスの変革と成長の経験豊富なリーダー。

- ESG の経験。

Greene 氏は、米国の大手企業で 20 年以上の経験を持つ熟練した投資家向け広報担当者です。
インベスター リレーションズでリーダーシップを発揮した経験には、グローバル クライアント エクスペリエンスおよびコーポレート コミュニケーション担当シニア バイス プレジデント、トロントの Q4 Inc のシニア リーダーシップ チームのメンバーが含まれます。また、米国のハミルトン レーン コーポレーションとアクチュア コーポレーションで、パブリック インベスター リレーションズ担当マネージング ディレクターを務めました。

レイクの執行委員長であるスチュアート・クロウ氏は、サプライチェーンにおける環境、社会、およびガバナンスの考慮事項への関心の高まりは、リチウム鉱業部門がその持続可能性の観点からより綿密に精査されることを意味し、米国市場での経験を持つグリーン氏の任命はこれを認識したと述べました.

「彼女はまた、企業の成長と成熟を支援する実践的な経験を持ち、リチウムを生産するよりクリーンな方法を推進する際のブランディングとマーケティングの専門知識も持っています。

Lake の CEO である David Dickson 氏は、Lake が成長の次の章を通じて進化するにつれて、Lake の戦略、進捗状況、およびマイルストーンを投資コミュニティに伝え、現在および将来の株主との強力な関係を構築し続けることの重要性を認識したと述べました。

グリーン氏は、ボストン大学とテンプル大学のディーンズ リストで M.B.A. を取得しています。フランス、パリのロチェスター大学およびソルボンヌ大学で学士号、政治学、学部長のリストを取得。

グリーン氏の任命は、デビッド ディクソン氏が CEO 兼マネージング ディレクターとして任命されたのに続くものです。ディクソン氏は、エネルギー分野全体で、エンジニアリング、建設、EPC コスト管理において 30 年以上の経験を持つ業界のリーダーです。彼は、数十億ドル規模のリソース プロジェクトを成功させた実績があります。


概要 Lake Resources NL

Lake Resources NLLake Resources NL(ASX:LKE)(FRA:LK1)(OTCMKTS:LLKKF)は、アルゼンチンの旗艦カチプロジェクトおよび他の3つのリチウムブラインプロジェクトからの持続可能な高純度リチウムの開発にクリーンな直接抽出技術を利用するクリーンなリチウム開発業者です。プロジェクトはリチウムトライアングル内の一等地にあり、世界のリチウムの40%が最低のコストで生産されています。

この方法により、Lake Resourcesは、効率的で責任を持って調達され、環境に優しく、コスト競争力のある高純度リチウムのサプライヤーとなります。高純度リチウムは、容易に拡張可能であり、Tier1電気自動車メーカーやバッテリーメーカーからの需要があります。

   


お問合せ先

TeneoのNigel Kassulke
M: 61-407-904-874
E: Nigel.Kassulke@teneo.com



関連企業

Lake Resources NL             

ABN Newswire
ABN Newswire 日本語ページ閲覧回数:  (過去7日間: 33) (過去30日間: 239) (発行以降: 312) 

他の言語を選択 1922 478 312  (2712)