他の言語を選択 11241 10463 10388 10386 10050 
インドの小売業者がSAP
インドの小売業者がSAP
Bangalore, 2009年3月26日, AEST (ABN Newswire) - インドの小売業者に革新的なソリューションを提供し続けてきたことを強調して、SAP AG(FRA:SAP)(NYSE:SAP)は、重要な顧客の支持と共に、自社のSAP フォー リテール ソリューションの継続した採用を今日発表した。DLFリテール、カディム ジュエラーズ、フレッシュ&オネスト カフェ、スーパー レリゲア ラボラトリーズ及びレリゲア ウェルネス リミテッド、ダイメクソン ダイアモンズ及びCマヘンドラなど72社以上の主要な小売業者が、SAPの事業を採用、拡張し、ビジネス プロセスをを単純化、コスト削減、及び変化を続ける産業の様子に対応する。

「今日、小売業者は不確実な経済環境と、以前に比べて、より賢く、より要求が多い顧客と対面している。現在必要なのは、革新と特殊化によって、ビジネスの成長を維持することだ」とSAP インド亜大陸の社長、ランジャン ダス氏。

「テクノロジーは、インドの小売部門に新しい広がりを与えた。インドと国際的な小売チェーンは、成長を継続して計画していて、増加するオペレーションを管理する為の単一で事業全体のITプラットフォームに対する緊急のチャレンジに対面している。組織化された小売ビジネスでは、テクノロジーは、会計や人事管理だけでなく、買い付け、販売促進及び店舗管理にも必要。従って、IT アプリケーションは、ほとんどの小売機能のビジネス管理の最初から最後まで、採択に立ち会っている。インドで今日、小売業者に最も重要なソリューションとみなされているのは、ERP/ERM ソリューション、サプライ チェーン マネジメント(SCM)及びセキュリティ ソリューションだ。」とIDC インディア、BPO&インダストリー バーティカルズ リサーチ、サービス、マネジャーのアーパン グプタ氏。

「政府の政策が有利になり、新生のテクノロジーがビジネス管理を容易にし、インドは、組織化された魅力的な小売の場所として注目されている。数年前までは、組織化された小売ビジネスの中で、慣習的なアプリケーションがより普通だった。売主は、小売部分でパッケージされたアプリケーションをオファーするように最近は変わってきた。IDC予測によると、インドの小売部分による事業全体のアプリケーション(SCM, ERM/ERP及びCRM)の経費は、2008年に4800万USドルとされる。これは年間(2008年から2009年)で17%の増加が期待される。SAPは、インドの事業全体の小売アプリケーション(SCM, ERM/ERP及びCRM)市場で、2008年の歳入では50%以上シェアを持つ」、IDC インディア、ソフトウェア&サービス リサーチ、アシスタント マネジャーのナンダヴァラプ キラン氏が付け加える。

インドの小売業者は、SAPと組み、成功への道のビジネスプロセスを強化

普段の状況でインドの小売業者にとって最優先である顧客の信用を維持することは、現在の市場状況では、最重要である。結果として、小売業者の全体は、顧客の消費傾向をより鮮明に確認するためにSAPテクノロジーを使い、ショッピング体験を作り出し、何度でも戻ってくるように顧客を動機付けることを可能にする。

フランチャイズ ビジネスの驚異的な成長と共に、食料、薬品及び宝石部門は繁栄を続ける。SAPの総合小売スイートは、柔軟な展開ブロックで、顧客が変化していく市場状態に対応し、より新しいチャンスを作り出す為の敏捷さを与える。

- DLFの小売への進出-SAPPOSを含むSAP フォー リテール ソリューションを導入

DFL Ltdの子会社で、インドで最大の不動産会社である DFLブランドは、ボギ イタリアン メンズウェア、アルコット ハイファッション、サングラス ハットのルクソッティカ、SIA ファッション フォー ザ ホームと数々の他のブランドを含む、主要なヨーロッパとアメリカのブランドと提携している。このような多種のブランドを管理することは非常に困難な事業であり、SAPは、端と端を接したソリューションを提供できる数少ない企業である。DLFのCEO、ケビン コイルによると、「高価格品や贅沢品の小売ビジネスは、絶えず変化している。我々は、統合したデータをベースにして、迅速に判断する能力を与え、収益の多い経営をする為に、ITソリューションが必要だった」。さらに、「テクノロジーは、我々にとって、投資の優先順位が高い」。

- 小売業者はSAPを利用して透明性とオートマ化を得る

ビジネス プロセスと経営の合理化と透明性を得る為に、SAPを導入するインドの小売業者の数が増加している。

様々なビジネスに渡って展開するフットウェアの全国ブランドであるカディム グループは、成長の経路として、SAPを選択した。「ブランドとしてのカディムは、全国的に良く知られている。革新とと最高の経営に焦点を当てたことが着実な成長に起因している」、カディム グループ、会長のスマン バーマン ロイ氏。「SAP で、産業保証済みのソリューションを得て、より良い決断をより早くし、予想以上に早く戦略的なゴールに達することができた」。

世界中に展開するダイヤモンドと宝石の主要会社、C マヘンドラは、成長を促進する為に、端と端を接するプロセス効率と組織全体の透明性を達成する為に、を選SAP択しプロセルをオートマ化した。「我々のビジネスが成長するに従い、グローバルなビジネスに変化することをサポートできる世界クラスの機能性を持つ事業アプリケーションが必要だ。SAP との行程は、会社管理のフレームワークの中の我々の成長計画の達成を助けるだろう」、とC マヘンドラ、ITヘッドのアシフ I. マンスリ氏。

SAP ソリューションは、小売業者が人事と財政ビジネスプロセスを管理し、更に商品のライフサイクルを合理化、顧客情報を統合管理、経営のより良い理解をもたらし、株主に価値を提供しリスクを軽減する。SAP フォー リテール ポートフォリオによって、あらゆる規模のインドの小売業者が顧客経験全体を向上させることが出来る。世界のトップ小売業者50社のうち33社を含む世界の6,280社以上が、SAP フォー リテールを利用し競争している。

SAP インド亜大陸社長のランジャン ダス氏は、「マーケットリーダーとしてSAPは、革新の先頭をいる。我々は、経営の合理化、経営の柔軟性の増加、そしてビジネスプロセスの同時進行によって顧客をサポートし、利益を最大化し、最良に経営される小売業者となることをサポートする」。

SAP フォー リテールについて

SAP フォー リテールは、小売業者がビジネスを理解し、ビジネスの要求を予測し、顧客に影響を与えることをサポートするソリューション ポートフォーリオ。ポートフォーリオは、小売ソリューションの端と端を接するセットから構成される;宣伝管理と計画;店舗管理(Triversity POS ソリューションの取得と統合により);ベース ファイナンスとHR ソリューション。SAP フォー リテールは、迅速に、そして利益をもらす正しい判断能力を提供する。あらゆる規模の小売業者が顧客が何度でも欲しがるショッピング経験をクリエイトする。今日、小売業者で、世界のトップ50社のうち33社がSAPを利用している。(詳細はhttp://www.sap.com/retail/ )

概要 SAP AG

SAP はビジネス・ソフトウェア(*)の世界大手プロバイダで、全ての産業における全ての規模の企業が優良事業化を実現するためのアプリケーションやサービスを提供している。120カ国超において8万6千超の顧客を有し、同社はそのシンボル「 SAP 」のもと、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所など複数の取引所において上場している。詳細は次のURLへ;

http://www.sap.com

(*) SAP はでビジネス・ソフトウェアを企業のリソースプランや関連アプリケーションを構成することと定義している。

 


お問合せ先

SAP インディア:
チャヤ アロラ
Chaya Arora
TEL: +91-9987590976
Email: chaya.arora@sap.com

ジェネシス バーソン マーステラー
スハナ バス
Suhana Basu
TEL: +91-9886297297
EMAIL: suhana.basu@bm.com


関連企業

SAP AG       
DLF Limited       

ABN Newswire 日本語ページ閲覧回数:  (過去7日間: 8) (過去30日間: 35) (発行以降: 10386) 

他の言語を選択 11241 10463 10388 10386 10050  (52528)