Seven Network Limited

 
 
       

他の言語を選択

ニュース

オーストラリア市場レポート 7月14日:ウォール街での反発による支え

🕔7/14/2009 1:00:12 PM 17591

昨日のオーストラリア株式は値を下げて取引を終えた。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は56.6ポイント・1.5%下落し3,737.5、全株価指数は52.6ポイント・1.1%下落の3,738ポイントとなった。企業の収益報告により投資家たちの信頼感が増すまで市場では静かな状態が続く、とアナリストたちは見込んでいる。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 7月10日:収益見込みへ更に集まる注目

🕔7/10/2009 1:00:54 PM 15613

市場が米国企業からの更なる金融報告を待っていることから、木曜日のオーストラリア株式は横ばいで取引を終えた。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は4.6ポイント・0.1%下落し3,763.3、全株価指数は4.6ポイント・0.1%下落の3,761.4ポイントとなった。昨日報告された予測よりも良い内容の雇用データにより、市場心理は支えられた。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 7月9日:オーストラリアの雇用データへの注目

🕔7/9/2009 1:00:14 PM 15067

トレーダーたちが経済見通しに対し警戒したことから、昨日のオーストラリア市場は横ばいで取引を終えた。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は1ポイント・0.03%上昇し3,767.9、全株価指数は1.8ポイント・0.05%下落の3,766.0ポイントとなった。今日はオーストラリア統計局から発表される失業率に投資家たちの注目が集まるものと見られる。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 4月7日:オーストラリア準備銀行の金利に関する決定待ち

🕔4/7/2009 1:00:49 PM 15066

資源株が市場を引き下げたもののほとんどの部門において上昇が記録されたため、昨日のオーストラリア株式は値を上げて取引を終えた。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は21ポイント・0.6%上昇し3,756.6、全株価指数は22.4ポイント・0.6%上昇の3,696.4ポイントとなった。オーストラリア準備銀行の金利に関する決定に先立ち、銀行株は好調であった。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 3月25日:買い急ぎの終了

🕔3/25/2009 1:00:58 PM 21603

海外からの力強い先導に関わらず、昨日のオーストラリア株式は若干高で取引を終えた。投資家たちが最近の回復からの利益を手元に残し始めたため、市場では取引前半の上昇分が後半に失われた。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は29.7ポイント・0.8%上昇し3,580、全株価指数は34.2ポイント・1%上昇の3,517.3ポイントとなった。今日の資源株はメタル価格の下落を受けて下降する可能性がある。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 2月26日:5年間での最低水準

🕔2/26/2009 1:00:22 PM 22211

オーストラリアの株式は5年間での最低水準で取引を終えた。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は0.1%・4.1ポイント下落の3,327.5、全株価指数は0.1%・3.5ポイント下落の3,281.5ポイントとなった。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 12月1日:投資家たちが気付く弱い見通し

🕔12/1/2008 1:00:23 PM 10487

投資家たちがショッピングシーズンに対する悲惨な予測が実際に的中するのかということについての手掛かりを模索したことにより、先週金曜日のウォール街は5取引連続で上昇した。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 11月11日:過ぎ去った中国の経済刺激策の効果

🕔11/11/2008 1:00:44 PM 11918

経済や企業の懸念が、中国による4兆元の経済刺激策や、米国による保険会社 AIG の記録的な規模での救済などからの取引開始時における回復分を消し去り、昨夜のウォール街は若干安で取引を終えた。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 11月4日:11月の好調なスタート

🕔11/4/2008 1:00:04 PM 12570

昨夜の米国株式は静かな動きのなか実質横ばいで取引を終えた。これは新たなデータが経済の懸念を強調し、投資家たちが1日後に迫った大統領と議会への投票に対し注意深くなっていることによる。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 10月30日:基盤の回復を待つ必要性

🕔10/30/2008 1:00:52 PM 9110

米国連邦準備金制度は今日、金融危機を緩和するための最新の動きとして、貸出利率を0.5ポイント引き下げ1.0%とした。この連邦準備金利の引下げは、他の中央銀行が国際金融危機を緩和するため今月初めに行った0.5ポイントの緊急引下げに続くものである。

記事全文を読む
###

242,111 会社概要の閲覧回数

  • 日本語ページ閲覧回数: (過去7日間: 75) (過去30日間: 357) (発行以降: 32453) 

社内データ

    主要部門
  • IT及びインターネット 
  • 主要業種
  • メディアと広告