他の言語を選択

Qantas Airways Limited

ASX:QAN ISIN:AU000000QAN2

Qantas Airways Limitedはオーストラリアの航空会社。また同社は、別航空会社や専門市場でのビジネスなどの系列事業も展開している。

  

ニュース

オーストラリア市場レポート12月11日:追加利上げの可能性

🕔12/11/2009 9:30:04 AM 14250

木曜日のオーストラリア株式市場は、予想以上の改善を示した雇用統計の発表後にも関わらず5営業日連続で下落した。特に資源関連株式と一般消費財関連企業株式を中心に値を下げた。取引終了時、S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は31.2ポイント・0.7%下落し4,606.7ポイント、全株価指数は29.7ポイント・0.6%下落の4,622.9ポイントとなった。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 11月24日:海外市場での堅調な上昇

🕔11/24/2009 1:00:00 PM 14117

予想よりも良い内容となった住宅販売に支えられ、昨夜の米国株式は力強い上昇を記録した。中古住宅販売は9月の554万戸から10.1%増の年率610万戸であった、と全米不動産協会は語った。金利がゼロ近くに据え置かれるとの予測を受け、月曜日の米ドルは値を下げた。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 10月19日:過去最高を記録する米国の赤字

🕔10/19/2009 1:30:19 PM 21160

ダウ指数は先週の上昇が止まり、週末にかけて若干後退した。最新の米国企業業績が高まる期待を落胆させ、鍵となる1万ポイントを下回るレベルへとウォール街を押し下げたことから、金曜日の米国・ヨーロッパ株式市場は値を下げて取引を終えた。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 9月30日:米国消費者意欲指数の下落

🕔9/30/2009 1:00:54 PM 17977

米国金融市場は、9月の米国消費者意欲指数の予想外の落ち込みから値を下げた。ここ半年間のウォール街先導役であった米国テクノロジー株が下げを記録したことが、昨日の市場の下落につながたった。The Conference Boardの9月の消費者意欲指数は53.1で、国民の雇用市場への不安から8月の54.5を下回った。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 9月21日:新たな楽観

🕔9/21/2009 1:00:09 PM 16128

アナリストたちが米国の成長見通しを押し上げたことから、金曜日のウォール街は2009年における新たな最高水準へと上昇した。 Barclay's Capital が来年の初め3ヶ月における国内GDP成長見通しを3%から5%へ引き上げたことを受けて、市場は活気付いた。先週、ダウ指数は215ポイントの上昇を記録した。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 9月8日:ヨーロッパとアジアで上昇を記録

🕔9/8/2009 1:00:09 PM 22049

米国市場は休日・労働者の日のため閉場となった。ヨーロッパとアジアの市場では月曜日に力強い上昇が見られた。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 8月19日:好ましい業績を受けての反発

🕔8/19/2009 1:00:54 PM 17507

前回の取引における大幅下落の後、昨夜の米国株式は値を上げて取引を終えた。ダウを構成する Home Depot などの小売業者からの予測よりも良い内容の業績により、この回復が支えられた。

記事全文を読む

Qantas (ASX:QAN)、改善の初期兆候を見る

🕔7/30/2009 2:26:06 PM 7364

Qantas (ASX:QAN)は、指標となる部門に改善の初期兆候があるにもかかわらず、旅行業の需要の回復に関しては慎重であり、回復が持続するかを判断するのは時期尚早であると主張している。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 6月26日:ウォール街が悪化する失業データを振り切る

🕔6/26/2009 1:00:23 PM 15150

上昇する一次産品価格を受けて、昨日のオーストラリア株式市場は値を上げて取引を終えた。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は49ポイント・1.29%上昇し3,856、全株価指数は49.3ポイント・1.3%上昇の3,851.5ポイントとなった。

記事全文を読む

オーストラリア市場レポート 6月24日:一次産品上昇も投資家を静めきれず

🕔6/24/2009 1:00:26 PM 15544

昨日のオーストラリア市場はウォール街での下落を受けて大幅な下落を記録した。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は121.3ポイント・3.1%下落し3,796.9、全株価指数は117.8ポイント・3.01%下落の3,793ポイントとなった。一次産品価格の反発が国内市場を引き上げる可能性はあるものの、最近の取引での損失を受けて投資家たちは神経質になるものと見られる。

記事全文を読む
###

268,524 会社概要の閲覧回数

  • 日本語ページ閲覧回数: (過去7日間: 51) (過去30日間: 238) (発行以降: 36864) 

社内データ

ソーシャルメディア